品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品 作品
写真をクリック
▶もっと見る


作品
大壺を作るための試作です。土台を作り、薄いタタラを貼り付けて模様を彫りました。
西岡周二 作


作品 写真をクリック
空飛ぶワニの習作です。50cmほどありますがこれの二倍くらい大きいのを作りたいと思ってます!
山本真由美 作


作品
辰砂茶碗
なかなか思うような赤い辰砂色になってくれませんが、これは見込も良い色がでました。
山村義和 作


作品
サファリシリーズ第2弾。白土で四つの部分を作ってそれを組み合わせ、シマウマの体を作り、黒土を象嵌して縞を表現しました。
松尾 肇 作


作品
孫たちの部活にちなんだものを順に作っています。ソフトボール部の中二の孫娘のためにグローブを作りました。
町 美由紀 作


作品
彩泥シリーズの大壺です。深い森の水面をイメージして、化粧泥を重ね、線彫りしました。
市礒陽子 作


作品
優雅でシンプルな形。白い釉薬をかけました。
谷 明子作


作品
水滴シリーズの第二作です。前回より大作で、釉もかけわけて有機的な世界を広げました。
恵島匠代 作


作品
煌きシリーズの花器です。横×高さ45×45(cm)の大作です。成形にも模様を描くのにも、時間をかけて綺麗な作品ができました。
吉田久巳 作


作品 
左右のまるい取手からイメージした花器です。全面に呉須で三角文を描くのに苦労しました。
小西ひろみ 作


作品
いつもと違うものを作ろうとしていたら、こんな動物のような形が出来ました。高さ50cmくらいの大作です。
木村勝子 作


作品
空也上人像を作りました。口から出た六体の小さな仏様も一つ一つ作っています。
久保田眞二 作


作品
興福寺の毘沙門天像を作りました。部品に分けて組み立て、大きさは25cmくらいです。
久保田眞二 作


作品
球体部分に丸い穴を開け、それを配置して明かりを作りました。高さがあるので、電球を上下二ヶ所に入れました。
久保三男 作


作品 
「煌きシリーズ 角皿」 初めはシンプルに釉薬で十文字を入れてみたのですが、なんだか物足りなく 雲母彩と金彩を入れて、華やかな器になりました。
吉田久巳 作


作品
四季の明かりシリーズの「夏」です。花火を表現しました。
山村義和 作


作品
青灰釉をかけた細長い花器です。
谷 明子 作


作品
大乗より六百年前の原初仏教のお経を壺に書きました。上絵で蓮の花を描いています。
北谷満男 作


作品 
三重の重箱です。色々に使えたらと思い、ちょっと大きめに作りました。楽しい模様を入れました。
小川美奈子 作


▶もっと見る


▶陶芸教室の案内へ
▶Homeへ